姿勢というのは、ただ見た目が悪くなるだけではなく、ボディラインの崩れや肥満などを引き起こします。そもそも姿勢が悪いと、どんなファッションであっても男女問わず素敵には見えません。

姿勢はただ背筋を伸ばすだけではなく、背筋を鍛えて正しい姿勢を維持出来る体作りが大切なので、ダンベルを使った筋トレで鍛えていきましょう。

筋トレはハードなイメージがあるかもしれませんが、ダンベルなら適度な負荷をかけられます。普段運動しない方だと、ダンベルを使うというだけでも不安になるでしょう。

ですが筋肉は負荷をかけないと鍛えられませんし、ダンベルは自分に合った重さを選べるので筋トレにはとても適しています。また、ダンベルはトレーニングマシンと違い、可動域が広く取れるので、効率よく筋肉を収縮させることができます。ですので姿勢を良くしたいという方は、ダンベルを使った筋トレで鍛えるのがオススメなのです。

ダンベルを使った筋トレの中で、姿勢を良くするために欠かせない背筋を鍛えられるのはデッドリフトという種目です。まず2つのダンベルを床に置いたら、両足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。

目線は前を見たまま両手は自然にぶら下げてください。

そして、上半身を45度に前傾させたら、その姿勢を保ってお尻だけゆっくり下げていきます。

ダンベルをつかめるまで下がったら、ダンベルを持ちます。

ダンベルが脛に触れない程度に体のラインを通りながら、膝をゆっくり引き上げて、姿勢を崩さないようにゆっくり元の姿勢に戻ってください。

次にダンベルを持ったまま、また上半身を前傾させたら、再度膝を曲げて、股関節の伸展動作を活かして床近くまでダンベルを下ろします。

この動きを10回1セットとし、3セットから5セットほど行いましょう。始めのうちはコツがつかめないことが多く腰を痛めてしまうこともあるので注意してください。

もし姿勢が悪いだけではなく、肩まで前のめりになって丸まってしまっている場合は、ベントオーバーローという種目がオススメです。両手にダンベルを持ち、足を肩幅に開いたら、肘を引っ張る感じと肩甲骨を寄せる感じをイメージします。

この筋トレを10回1セットで、3セットから5セットほど行うと、背中の筋肉を鍛えることができます。

ダンベルによる筋トレは、回数よりも続けることが大事です。継続することで少ない負荷でも背筋を鍛えられるので、生活の中に取り入れてみてください。

( ランキング最終更新日  2018/05/22)

【男性に】人気の猫背矯正ベルト TOP3

  1. ボディメイク【金剛筋シャツ】

    矯正ベルト内蔵インナーシャツ。気軽に着れるので人気。洗濯&乾燥機の使用でも変形や縮んだりということはありませんでした。着るとビシっと胸を張るのが気持ちよくなります。いきなり長時間着ると疲れてしまう可能性があるので初めは1時間ぐらいから試したほうが良いかと思います。個人的に思ったのは着用しているときは食事の量が減りました。加圧の引き締めの効果かもしれません消臭・抗菌作用があるので汗をかいても安心です。

  2. マジコ姿勢サポーター

    カラーは白、黒。白はYシャツの下でも目立たない。洗うのがめんどくさい場合があります。個人的にはネットに入れて洗ってます。

  3. MTG(エムティージー) Style BX

    共同開発パートナーが長友選手の矯正ベルトです。色はブラックが男性にはオススメ